あなたにわたしは必要ですか ?

すぎえたいしさんのおたく

わたしのせいしんあんていざい

 

こんにちは。

最近なかなか筆が進まず悩んでます。下書きにに眠っている数々の駄文はどう供養すればよいものか…

 

 

 

さて。

現場が近づいたり現場期間中だったりすると、精神が安定しなくてやばい。っていうのは若手俳優おたくあるあるの1つだと思うんですよ。(若手俳優おたくあるあるって今度描きたい)

かくゆうわたしもその1人なんですけど、今その期間真っ最中で学校の課題も重なって精神状態ひどいです。もうなんにもしたくないし、かと言ってお家に引きこもってるのもやだし学校にも行きたくない。推しだけに会いたいけどそれもやだ。っていうくそみたいな考え。ひたすら寝てたい。

 

時間がくれば「この時のくそ病んでるな〜あっはっは!」って笑えるんだろうけど正直期間が長いと身体もしんどい。なんでおたくやってるんだろう。降りる…(推しを見る)やっぱり好き…最高だ…、までが1セットなのなんなんでしょうね。傍から見れば面白案件でしょ。(笑)

まあ、そんなことも含めておたくは忙しいです。

 

 

 

精神状態がどうにもこうにも大変な時皆さんどうしてますか?

推しの写真見ますか?二推しの現場行きますか?友達に会いますか?薬飲みますか?方法は人それぞれですよね。(もし読んでる方がいるならば)自分に合った安定剤が見つかってればいいなって思います。おたく頑張りましょう。

ちなみにわたしはお薬系飲んだこともふれたこともないです。持病が精神的なものなのでそろそろ手を出さないとダメは気はしてます。いい病院ないですか。

 

はなしがそれてしまった

 

 

安定剤の話ですよね。

わたしの場合は、チケットを眺めると音楽に触れるです。チケットを大量に発券して、並べてあの眺める感覚大好きです。これからこんなに推しに会えると思うと嬉しくてこのまま天に召されてもいい気分にはなりません。生きたい。

音楽については自分の好みだったらなんでもいいです。ひたすら聞きながら作業したり寝ます。最高of最高。

 

 

 

 

こんなことで精神状態楽になればまだ御の字だと思ってわたしはおたくしてます。そろそろこれが効果なくなってる気がしなくもなくもないのでわたしはどうすればいいのか。

 

 

若手俳優応援スタンス

面白そうなのと1度整理したい気持ちだったのでやります。

 

 

◎基本情報
関東生まれ関東育ち

都内まで往復4時間弱の距離

成人まであと2年ちょいの学生

 

◎推し
某ミュージカル出身の関西のうるさい方。

名前はあえて出してませんがブログ見れば分かります(笑)

一応古参の部類。


◎好きになる基準
自分にないものをもってる人、キラキラしてる人が好きです。あと最近気付いたのは目がおっきい、中性的な人(出会った当時が)も好きです。大好物。

 

◎雑誌を買う基準
基本買います。チェキプレも応募します。一時期めちゃくちゃ載ってたけど最近年1.2回になって人気の落差を感じる。

 

◎映像の基準
なるべく買う。

最近会場予約でリリイベ必ず参加できるやつ多いからほいほい予約してます。

映画は面白そうだったら買うかなあ

 

◎現場、遠征基準
基本2-3回。環境の変化に弱くて体調崩すのが怖いので東京公演のみ。でも、そろそろ大阪行きたいな、

イベント、接触系は全通かそれに近い形で参加。

 

◎グッズ写真買う基準
推しさんが写ってるものは全部買う。パンフもブロマイドもランダムも。あ、でもトートシャツシュシュ系は買いません。いらない。

最近ランダム多いですよね、推しさんが希望数集まるまでやるし集まっても自引きするまで無駄にお金使う人間です。

 

◎プレ、手紙について
手紙は会える機会がある時は必ず書きます。基本褒めることしか書かない。でも、バスツアーでお手紙読まない宣言(笑)してるので最近書く意味なんだろうなって思ってます。誰が書いたかだけでも見てよ(笑)

プレゼントは買いません。着てくれなかったら病むし好みが分かんない。意外と厨プレ着てるらしいから贈ったら(多分)着てくれる。

 

◎同厨について

全員金だけ落として消えればいいのにって言っちゃうぐらい嫌い。推しさんがお調子ものだからそれにのっかるのも古参ばばあがTwitterで声大きいのも新規がたくさんいるのも無理。なんでわたしが名前も知らないばばあに陰口言われなきゃいけないんですか。

でもやっぱり仲良くしてる人見るといいなあ、って思っちゃうので価値観の合う子そろそろ欲しい。

けど、推しさんにはわたしだけ見ててほしい

 

◎身なりについて
ちょっと綺麗な女子大生〜OL風。年齢的にもそれが一番近いし可愛いし楽。元がデブスなので服装はきちんとしたい。

髪の毛は持病によりアレンジできなくて悲しい。化粧品買いたい。

 

◎総合的な応援スタンス
盲目リアコってよく言われますけどそうじゃないと信じたい。基本的には褒めるしかできないし好き好き言ってお金落とすことが一番だと思ってます。だから、それをしない茶の間は黙っててくれ。来年は就活なんでこれが最後なんだっていう気分で推してます。就職しても続けるんだろうけど。

推しに認知してほしいけど認知してほしくないそんなめんどくさい葛藤しながら日々生きてます。

振り返ってなんかやりませんよ!

(  観劇きろく )

 

( 5.20.Fri. 舞台「刀剣乱舞」 )

 

刀の推しはいなくて正直観るのが怖かったんですけど

終わったら涙止まらなくて焦りました笑

 

なまずおくんといちにいのシーンはずるいです、

続編は大阪城やってください、

 

あ、でもそしたら雅な方絡めなそう・・・・

 

 

 

トレブロ、あるみを取引してくれた

皆様ありがとうございました。

おかげ様で0人だった推しさんが50人ぐらい手元にきてくれました。

 f:id:ririq5200:20160521220231p:image

クラブ金鯱

 
( 観劇きろく )
 
 
2本目
 
 
 
( 2.11.Thurs.舞台私のホストちゃんTHEFINAL~激突!名古屋栄編~ )
 
 
 
 
はじめてのホストちゃん観劇で色々不安だったんですけど、席に着くまでに迷って全然期待通りでした。ありがとうございます。
 
舞台上のスクリーンに映し出されている各ホストの顔写真に「貢げ♡」って言われている気がするのは私だけなのだろうか。そうか。
 
 
 
 
色々VIPとの差を見せつけられましたよね。VIPってチケット見せれば並ばなくていいんですもん。お金持ちと運がある方々は違うなあ〜〜〜(尊敬の目)
 
 
 
 
はい(笑)
 
 
 
 
幕が開けて「わあ~~~ついにキラキラしたホストの世界がはじまるのか~~」って思ったら突然のラグビーで???ってなりました。
私、何観に観てるんだっけ笑 一瞬考え込みました(笑)
 
 
 
 推しさんのホストは一番になりたいし頑張ってるけどなれなくて、どんな手を使ってでもなってやるそれが例え仲間を裏切る行為だとしても。ってそれどこの少年漫画だ。
可愛い子犬系だったけど枕してそうな感じでした。現実ではしないでね、
 
全体的な出番としてまあまあ存在感ある感じで印象にも残ってるみたいでハマり役だったのかな、と。
でも、もう出てほしくないです。大変。
 
レビューの時の顔が辛くて見てられない。無理に笑わなくていいんだよ。少しは悲しい顔していいんだよ。たまには正直でいてください。
 
 
 
総合的には楽しかったし口説きも恥ずかしかったけどなかなか見れるわけではないので貴重なもの見れたな〜って感じですけど、推しさんにまた出てほしいかって言われたら出てほしくないです。
 
 
 
 
 
 
 
 

鋼の意志

皆様、二度目まして
 
 
 
 
今回は「メサイア-鋼ノ章-」を観劇しましたので、感想という名の無駄話をつらつらと。
 
 
 

日にちと会場

 
 9月9日ソワレ
会場はシアターGロッソ
 
はじめましての劇場です。
某戦隊の素面に何度も行こうとして予定か合わなかったGロッソ。
 
斜面がすごくてとっても観やすい劇場でした。でも、休憩なしの舞台だと腰が痛くなりますね。腰痛持ちはきついです。
 
 
 
 
席はプレミア席だったので真ん中より前下手側
 
 

f:id:ririq5200:20151109211936j:image

 
余裕がなかったので物販はなにも購入せず。
いつきくん欲しかったです。くりえたうん様に頼ります。だいすき。
 
写真はプレミアム特典の写真とちっちゃいパンフレットです。

f:id:ririq5200:20151109211958j:image
 
プレミアム特典の日替わりブロマイドはオアシス高野くんと新キャラペルシャさん。
 
 
 
 
 
 

 メサイアのアクション

 
メサイア作品は今までDVD視聴だったので生で観るのが初めてでした。
やっぱり生だとアクションの感じ方が違くて。Gロッソっていうのもあるのかもしれないんですけど、生身のアクションってやっぱり迫力あるなって。舞台から人が飛び降りる度に振動が伝わってきたり、至近距離での蹴り合いも観てるこっちがはらはらするぐらいで素敵だなあって思いました。
 
なかでもすごいな!って感じたのは三栖役の中村さんと白崎役のともるくん。
 
中村さんはアクションすごいって認識はあったんですけどともるくんはあまりなくて、見た瞬間すごい!ってなりました。
個人的アクションMVPはともるくんです。おめでとうございます(いらない)
 

 

 

 

鋼のお話

 
 

今作は前作までいた珀と鋭利が卒業して白崎悠里、間宮有賀がメインのお話。そして、新キャラの加々美とペルシャシャムがどうやって絡んでくるんだろう、二組のメサイアはどうに成長していくんだろう、なんてわくわくドキドキしていました。

このときまでは!!!

 

まったく違っていました。わくわくはするけど楽しみのわくわくじゃない、心配ではらはらして謎がどう解けていくわくわくだ。そう思いました。

 

全体のお話を要約すると

核兵器を使って日本を攻撃しようとする科学者がいてその人を捕まえるためにサクラ達は動くけど、その行く手を阻む''クアンダムキャット''という謎の組織が現れて、しかもサクラの中にクアンダムキャットのスパイがいる!やばい!消えた周の行方と目的とは!?クアンダムキャットとは!?そして新しいサクラとは!?

みたいなお話です。(分からない)

 

 

お話の中心は有賀と間宮。

観るまでは、なんで有賀間宮が中心なんだろう。白崎悠里じゃないの?って思ってたんですけど観終わると、あーうん。ってなりました。

今考えると有賀間宮の心を助けるための鋼ノ章だったのかな〜って思います。鋼がなかったら誰も救われてないと思う。無理。

鋼があったからこそ最後の最後だったけど、有賀と間宮は言いたいことが言えたし白崎と悠里はまた強い絆で結ばれ、三栖さんと周はすれ違い‥‥

 

あれ?

 

三栖さんと周が救われてない!?

 

周は周なりに考えがあるんですよね、きっと。三栖さんにも三栖さんなりの答えを出したからああいう風になったと思います。

 

 

新キャラの加賀美いつきくん!

なんといってもやっぱりアクションが素敵ですね!今回は肉弾戦がメインでやってましたけど、最期のちょーっとだけガンアクションしていたのでいつかガンアクションきちんと見てみたいな、と思いました。

サクラになった経緯はなんとも複雑で分からない部分が多かったですけど、物語が進むにつれて明らかになるのでしょうか。いや、なってもらわないと困るんですけど。

性格はthe現代っ子。ああいうタイプは苦手ですね。話し方がもう少しちゃんとすればな〜って観てたんですけど目上の人には一応敬語使っててびっくりしました。(そういうのしない子だと思ってた)

志倉さんに鼻が効くんすよ!って得意気に言ったのに、獣並みだなって言われてむすっとしてたの可愛かったです。子供っぽくて。

あと、登場シーンでサクラの銃奪って勝手にロシアンルーレットしたシーンがすきです。あの、子供みたいな笑顔で死を扱うのは色々抱えてるんだろうなって思ったのと同時にお芝居成長したなってしみじみしてました。お母さんか。

 

 

感想がいつきくんばっかりになってしまって申し訳ないんですが( ¨̮ )笑

 

最後のいつきくんがメサイアスーツ着てアクションするところがすきなんです。                       

敵の腕をぐるっと回して相手を地べたに叩きつけてからの銃で打つ流れがすきですきで。その時、無表情なんですよ。なんの感情もないような冷めた目で。

他のサクラは少しでも迷いとか悲しみが入ってる気がする(個人的意見)のにいつきくんだけ冷めた目で、あ〜これが抱えてたもの〜〜!ん〜って謎の感情に襲われてます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですけど。

 

間宮、実はクアンダムキャットのスパイです。

 

この事実を突きつけられた有賀はどう感じたのだろうか。

 

自分がスパイだと工作され、その工作した犯人と実のスパイは自分のメサイア

有賀は多分途中で気付いてたとしても分かってたんじゃないかな。それは間宮がメサイアだから。間宮は有賀のことを信用させるためだとしても、信じてくれていたから。だから、有賀は間宮のことを信じていていたんだと思います。

 

最後のシーンで、間宮と有賀が対峙するところがあるんですけど。                                                

有賀は間宮に対して少し迷いがあるような感じだった気がします。(うろ覚えごめんなさい)なんで間宮が、って。

でも、自分はクアンダムキャットの一員だから、この世界を壊すためには例えメサイアだった有賀でも倒さなきゃいけないって。

 

間宮は有賀に自分を殺してほしいって頼むんですよ。有賀に殺されたいって。その時の有賀はどんな気持ちだったのか理解できませんが、

 

 

悲しいなあ

 

 

鋼観てから、間宮と有賀を助ける方法は無かっのかなあ…ってずっと考えてます。   

間宮の有賀への態度は決して嘘ではなかったとわたしは信じたいです。                                      

 

 

 

 

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!こんな長期に渡って書く気はなかった!もっとぱぱって分かりやすく書けるようになりまいですね(ृ ु‹:) ु

 

 

それではまた。次回は「メサイア 深紅ノ章」